映画『3月のライオン 前編』

※ネタバレ注意

公開初日の朝一に映画『3月のライオン 前編』を観て来ました

原作の再現と配役が、完璧でした
見どころは、やっぱり有村架純ちゃんですね
キャスト発表時は、香子は、有村架純じゃないと言われていたけど、公開後は、絶賛されています
香子をキツメの女優さんが演じたら、香子が嫌われキャラになってしまう、有村架純ちゃんだから、ほっとけない感が出て、原作のイメージに近くなるよね
しかし、香子のファーストシーンは、インパクト大でした
原作より過激なセリフを架純ちゃんに言わせるとは、耳元でささやかれたら悶絶します
さらに足湯のシーンでは、美脚を披露し、原作通り生着替えもありと、大サービス
たぶん香子が、一番難しい役だと思います
零に対しては、棘のあるセリフで困惑させるのだけど、たまに弱さを見せたり、翻弄しまくり
一方、後藤に対しては、楽しそうに振るまうが、寂しい表情も見せる
不倫と言われているが、兄弟子の娘に手を出すとは思えないので、香子は、妹のような扱いなのだろう
原作のファーストシーンは、香子なので、恐らく主役の零くんの次に重要な人物です
零くんが、ひなちゃんと結婚しようが、宗谷名人に勝とうが、満たされない
香子をダークサイドから救い出さないとハッピーエンドにならないよね

画像


桐山零を演じる神木隆之介と、島田開を演じる佐々木蔵之介は、もうヴィジュアルがそのままで、期待通りでした

後藤正宗を演じた伊藤英明も原作通りの迫力で、島田と後藤の対局シーンは、一切セリフなしの、目力や表情、仕草だけでガチンコの殴り合いを再現していました

宗谷冬司を演じた加瀬亮も何とも言えない宗谷の存在感を出していました

二海堂晴信は、全く染谷将太とはわからないくらいの特殊メイク
人気キャラなので下手なキャスティング出来ないですからね


川本3姉妹も、みんな可愛くて良かったですね
倉科カナの川本あかりさんも、原作のイメージのままで、3姉妹といるときは、母親のようでもあり、水商売では綺麗でしたね
ひなた役の清原果耶も、「私コンビニ行ってくる」だけで泣けて来ました
後編では、更なる大事件が発生するので期待ですね
モモちゃん役の新津ちせちゃんは、なんと『君の名は。』の新海誠監督の娘というから驚きですね


オリジナル展開もあるので後編の結末が気になります
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック